あたたかい冬物語

あたたかい冬物語

冬らしい鈍い灰色の空の下に広がるのは、街路樹がすっかり葉を落とした冬枯れの風景…。

北風に吹かれて、いつしかこどものほっぺもりんご色に。

そんなこの季節、温かみを感じる絵本がおすすめです。

寒風の中はらだこどもクリニックにやってくる親子のために、ココロを温めてくれる絵本を本棚のこびとたちがそっと並べてくれていますよ。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

ウクライナの森の中で…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

てぶくろ

作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子
出版社: 福音館書店

 

森の中に落ちている手ぶくろの中に、動物達が次々にやってきて住みついていきます。

これを読んだ後、うちの子達はおふとんにくるまって

「だれだい?てぶくろにすんでいるのは」

と森の動物になりきって遊ぶのが好きでした。

手ぶくろが住みやすいおうちへと少しずつリフォームされていく様子も楽しい♪

今も昔も子どもたちの想像力をかきたてる愛らしいウクライナのお話です。

 

 

ほわほわのきつねにキュンとくる♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

てぶくろ

作: 新美 南吉
絵: 黒井 健
出版社: 偕成社

 

「人間は恐ろしいから、決してきつねと見破られてはならない。」

そう母ぎつねに言いつけられ、片方の手だけ人間の手に変えられた子ぎつね。

ひとりぼっちで人間の街に手袋を買いにいくのですが、緊張のあまり人間の手と反対の手を出してしまいます…。

物語のクライマックスのこのシーン、子ぎつねの不安な気持ちが伝わるのか、こどもの心に深い印象を残すようです。

黒井健の情感豊かな絵で表現された新見南吉の世界が、本当に本当に、美しい。

狐の身体の柔らかな線、雪の冷たさ、夜の灯り…

雪景色が舞台なのに、ページをめくるたびに温もりを感じる不思議な一冊です。

 

 

雪の日の成長物語

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪のかえりみち

作: 藤原一枝
絵: はた こうしろう
出版社: 岩崎書店

 

雪がたくさん降った日は見慣れた風景も一変し、なんだかとてもドラマチック。

この絵本は、そんな雪の日の街を舞台にしたある男の子の成長物語です。

 

主人公は小学1年生の男の子。

突然の大雪。いつもと勝手の違う帰り道…。

お母さんは仕事をしていてお迎えには来れません。

頼みの綱のお兄ちゃんには会えず、初めて1人でバスで帰ることに。

寒さや不安に耐え、親切な大人に励まされながら、何とか家にたどり着いた男の子の気持ちを温かく描いています。

人気の絵本作家・はたこうしろうさんの中でもまほうの夏と並んで、特に人気の高い作品です。

 

ディスプレイ全体図

Scroll Up