ファミリーにおすすめのスポット

【穴場】桜シーズン限定のオープンカフェでお花見♪

DSC_0333

大阪市屈指のお花見スポット、桜之宮公園。

お花見日和のこの日、造幣局の近くを歩いていて歩き疲れ

「そろそろどこかでお茶しようかな」

と思った頃にふと見つけたのがこちら。

旧桜宮公会堂の敷地内にあるオープンカフェ。

 

DSC_0354

DSC_0348

オープンカフェとは思えないオシャレなたたずまい。

桜スカッシュ¥500をオーダーしました。

 

DSC_0341

グレープフルーツジュースがベースのスカッシュ。

グレナデンシロップの色合いが桜にマッチしてステキです☆

 

桜越しにレトロな建物を眺めながらの至福のひととき・・・。

人でごったがえす脇の遊歩道をよそに、ここはとても静かな時間が流れているよう。

 

っk

旧桜宮公会堂

 

こちらはレストラン「旧桜宮公会堂」による桜の時期限定のオープンカフェ。

桜が満開の土曜日なのに、余裕で席に座れました。

あまり、人に知られていないのかな?

 

ここではドリンクのみの販売なので、テイクアウトのフードをここで食べてもいいですね。

(もちろん、座る以上はドリンクをオーダーするのがマナーですね。)

DSC_0377

オシャレな雰囲気でお花見ができる場所は、たいてい予約でいっぱいなのですが…。

嬉しい発見でした!

来年、また来たいです♪

 

 

 

 

【大阪市内】子連れに超オススメのお花見スポット!*エリアマップ付き*

 小さなこどもを連れて、桜の名所でお花見をしたい!

でも・・・

●朝から場所取りなんてとてもムリ!

●公園のトイレは少ないし、汚れがちだからこどもが嫌がるかも…。

●お弁当持参は大変すぎる。

  現地調達したいけど、美味しいものはあるかな?

 

ん

混雑するお花見会場。子連れでは何かと心配が…。

 

そんな方にオススメしたいお花見の名所を大阪市内で発見しました!

 

◎ゆっくり家を出ても、座る場所が確保できる。

◎トイレが近くて清潔。おむつ替えシートも完備!

◎ママにうれしい、おしゃれで美味しいフードがいっぱい♪

 

以上の条件を全てクリア。

しかも圧倒的な本数の桜を楽しめる理想的なお花見の場所といえばここ!!

 

北区 天満橋 

OAP(大阪アメニティパーク)前の桜並木エリア

 

kk

大阪市内屈指の桜の名所・桜之宮公園エリアにそびえ立つOAP。(源八橋から)

 

こちらはオリジナルのOAPエリアのお花見マップです♪

転載禁止 

転載禁止 記事へのリンクはご自由にどうぞ。

 

OAPにテイクアウトができるショップやトイレがあるので、ここを拠点にすると何かと便利。

合わせてOAP周辺の座れる場所を記載しています。

 

※個人的にリサーチして作成したイメージ図です。ご参考程度にどうぞ。

※いわゆる出店は記載していませんが、このエリアにはたくさんありました。

 

それでは、OAPエリアをおススメするポイントをご紹介していきます!

 

ポイント① ゆっくり家を出ても座る場所が確保できる

 

以下の写真は

2018年3月31日(土)午前11時くらいのOAP近辺の様子です。

この日桜は八分咲き〜満開状態。

さらに晴天・温暖と、これ以上ないくらいのお花見日和でしたが・・・

 

nn

ゆっくり家を出ても、桜の下でシートを広げられます♪

 

このゆとり!うれしすぎます☆

他にもまだまだシートを広げられる場所がありました。

桜のエリアが広大だから、大勢の人が集まっても分散できているんですね。

 

余裕

お昼時でもいまだスペースに余裕あり。

 nn

OAP前の広場。シートを持参しなくても座る場所があるって、うれしい。

 

ポイント② トイレが近くて清潔。おむつ替えシートも完備!

kk

OAPプラザのエントランス

 

【OAPトイレ情報】

OAP内のショップエリア

B1F〜2Fの各階にトイレが複数あります。

商業施設のトイレなので、普通にキレイ。

ベビーシートはB1Fと2Fにあり。

おむつベビーも安心です。

 

 

ポイント③ おしゃれで美味しいものがいっぱい♪

 

上島

OAP 2F 上島珈琲店の山桜のミルク珈琲 サンドイッチと一緒にテイクアウトもいいですね。

 

っh

OAP 1Fのベーカリーでパンを調達しても。

 

この日(2018年3月31日)

OAPの敷地内で2日間限定のマルシェ 

ファンタスティックマーケットが開催されていました。

っh

賑わってます!

 

人気のショップや全国各地のこだわりのお店がずらり。

テイクアウトフードもたくさんありました。

来年の開催日はまだ未定とのこと。

開催日をチェックしてお花見に行くのもいいかもです。

 

おしゃれフードといえばキッシュ

ニコノパンのキッシュ

 

花見といえば花見だんご

花見といえば、花見だんご

 

淹れたてのコーヒーを

外で頂く淹れたてのコーヒーは、格別ですよね。

 

大人も子どももお花見を快適に楽しむには、環境がとても大切。

そういう意味で、子連れにとってこのエリアはまさにお花見天国だと思いました!

次のお花見の参考になれば嬉しいです♪

 

っk

*ステキなお花見ができますように*

 

 

 

 

今が狙い目♪ニフレル 2017年の春休み

 

2017年 春休みのニフレル(平日)混雑状況

DSC_0844

2015年11月のオープン以来、しばらくは入場2時間待ちは当たり前、なんて状況だったようですが、開館して1年半弱たった今はどのくらい混んでいるでしょうか?

3月30日(水)家族で訪れてみました!

 

【入場待ちはナシ。でもチケットは事前にWEBで購入すべし】

オープン時刻の10:00AMに到着しましたが、この日は入場待ちの行列はナシ。

しかし、チケット購入の窓口には長蛇の列が!

ざっと見積もったところ、30分くらいかかりそう・・・。

ここで威力を発揮するのがWEBで購入しておいたチケット。

これがあれば、チケット購入の列に並ぶことなくサッと入場できます。

事前にチケットをゲットしておけば楽勝です♪

 

【ランチはニフレル内のカフェがおすすめ】

エキスポシティはキャパの割に飲食店が少ないのか

「とにかくランチタイムは待たされる」という評判をよく見聞きします。

この日も平日にもかかわらず、どのレストランもお店の外までお客さんが並んでいました。

しかし、そんな中でもニフレル内のカフェ「EAT EAT EAT」は、なぜかご覧のようなゆとりムード。

 

DSC_0470

11:30PMくらいの「EAT EAT EAT」の様子。席に余裕で座れました。

 

12:00過ぎの店内の様子も観察していましたが、ちょっと待てばすぐに座れていたようです。

しかし、空いているとなると

「ひょっとして、おいしく無いのでは・・・?」

という不安もよぎります。

ところが、これが美味しかったんです!

今回オーダーしたメニューは以下の通り。

 

 

どれもフォトジェニックなメニューで見ても楽しめる♪

肝心のお味もGood。質の良い素材を丁寧に調理してあるのを感じました。

中でも特にチェリー味のクイーンズソーダがお気に入り。

チェリー味ものって、色はキレイだけど味は人工的でまずいってことが多いように思うんですが・・・。

このチェリー味ソーダはちゃんと美味しくて感激しました♪

 

メニューが公式HPに掲載されていないので、こちらに貼っておきます。

 

※なんとフリーのお水は無し。小さいお子さん連れの方はご注意を!

 

 

感性で楽しめるから、ワクワク!

 

ニフレルは「いろにふれる」「わざにふれる」「すがたにふれる」などの7つのゾーンで構成されています。

ゾーンごとに展示テーマを絞り込んだことで、生き物それぞれの個性と面白さが見る側にとてもよく伝わってきます。

 

ニモに会えた!

色とりどりの魚を楽しむ「いろにふれる」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドクターフィッシュの「わざにふれる」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個性的な姿の生き物にアートを感じる「すがたにふれる」

 

生態を解説するプレートにもユニークな工夫が見られます。

例えばこちら。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファインディング・ニモの人気者” ドリー ”

 

”ドリー”のモデルとなったナンヨウハギですが、プレートにはこのように書かれています。

「身を守る 刃物使いの ベジタリアン」

五・七・五で、わかりやすく生き物の個性を表現しているのです。

学術的な詳しい説明を読むよりもその生き物の特徴が頭にスッと入ってきて、一気に親しみがわきました。

生き物を理解してもらうのではなく、五感で感じてもらうこと。

随所にその為の工夫がほどこされていて、それがニフレルの人気の秘密だと思いました。

「ニフレル」とは、「あなたの感性にふれる」というコンセプトから名付けられたそう。

実際に行ってみると、そのコンセプトの秀逸さを実感します。

 

至近距離の動物たちにドキドキ!

 

ニフレルにいるのは水辺の生き物だけではありません。

「うごきにふれる」のエリアには、例えばこんな動物も・・・。

 

perikan

ペリカン。近くで見ると案外大きい…!

 

ペリカンって、よく見ると結構コワモテのマスクです。

「鳥が恐竜の祖先という説が、納得できる顔だなあ・・・。」

そんなことを考えながら眺めていると、突然「バサッ」と大きな翼を広げたかと思うと、次の瞬間・・・

 

DSC_0696

天井から吊り下げられた剥製のようですが、ホンモノです。

 

部屋の端から端までスーッと飛んで行ったのです!!!

その場に居合わせた人々から「オ〜ッ」と、どよめきが上がりました。

 

こんなに近くでペリカンが飛ぶところを見たのは初めて。

その羽ばたきで風圧を感じるほどの至近距離です!

ペリカンに迫力を感じるとはよもや思いませんでしたが・・・

近くで見ると、いろんな発見があるものですね。

 

しかし、動物に接近するということはその分危険も伴います。

ペリカンが飛び立つ気配を感じると、スタッフの方が

「ペリカンが飛びそうだから下がってください!!」

と指示を飛ばしていました。

「これまでペリカンが人にぶつかったことはあるんですか?」

と質問したところ、ペリカンの方で上手に避けるそうでぶつかったことは無いそうです。

へえ〜、感心感心。

でも、ある動物がお客さんのカバンを持って行ってしまったことはあるとのこと。

そのいたずら好きな動物というのが、こちら。

 

DSC_0603

しっぽがかわいい、ワオキツネザル

 

このワオキツネザルは縦横無尽にエリア内を動き回っていて、見ていておもしろい!

全く人を恐れていないので、目の前でこんなこともしてくれます。

 

DSC_0757

「のど乾いちゃった。」

 

この手洗い場は人間用なのですが、センサーで水が出ることを知ったワオキツネザルもちゃっかり利用しています。

う〜ん、かしこいなあ・・・。

 

*****************

 

ニフレルを出た後

「こんな生き物がいたね!」

という会話を家族とたくさん交わしました。

普通の水族館や動物園を見た後よりも多かったような・・・

それは「生き物を見た」のではなく、「生き物に出会った」実感があったからだと思います。

 

オープン当初の混雑が解消された今が、よりニフレルを楽しめると思いました。

また行こうっと♪

 

DSC_0380

考えるな、生き物を感じろ!それがニフレル♪

 

こどもと体感!デジタルアートの音楽フェス

「SF映画の中に入り込んだみたい!」

 

デジタルアートの音楽フェス

「ミュージックフェスティバル チームラボジャングル」(昼の部)

に行ってきました!

 

「ミュージックフェスティバル チームラボジャングル」
・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京大学発の”ウルトラテクノロジスト集団”チームラボが開催するイベント。
——————————————————
●会場
大阪・堂島リバーフォーラム
●会期
2016年12月24日(土)〜2017年1月9日(月・祝)
●公式HP
http://musicfes.team-lab.net/osk2016/

※昼フェス(子ども向け)と夜フェス(大人向け)があります。

 

例年よりも長い冬休みを過ごす子どもに

「せっかくだから、普段体験できないことをさせてあげたい」

と思っていたところ、たまたまこのフェスのポスターを見かけ軽い気持ちで訪れたのですが…。

これが、すっごく、楽しかった!!!

新しい世界を見ている感じでとってもワクワクして、1時間弱のフェスでしたが親子で元気をもらって帰ってきました♪

ほんの一部ですが、内容をご紹介します。

 

 

デジタルアートの世界に入り込む!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開演前 グリーンのライトに照らされたフロア

 

会場は広々したフロア。舞台はありません。

座席は無いので、参加したこどもたちは、思い思いに遊んだり座っています。

グリーンのライトに照らされて熱帯の鳥や恐竜?の鳴き声が響き渡っていて…

なんだかとても不思議な雰囲気。

どうやら、イベントのタイトルの”ジャングル”をイメージしているようです。

そして壁一面には、照明器具がびっしりと並んでいます。

「いったい、何がはじまるのかな?」と子どもたちはワクワク。

 

 

圧倒的な光に包まれる!

いよいよ開演!

カッコいいテクノサウンドが会場に流れ、曲に合わせて光が一糸乱れぬ動きでダンスを始め…

光の織りなす幾何学的な模様が現れては消えていきます。

その中にたたずんでいると、まるでSF映画の中に入りこんだような気分に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『オーロラ・ライツ』

 

 体験するアート①『奏でる図形』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁に映し出される光の模様に触れると…?

 

音や光のショーを単に見るだけではありません。

「鑑賞者が作品の一部になる」のが、このフェスのコンセプト。

壁に映し出される花や星などの様々な光の模様にタッチすると、反応して模様が動きます。

この仕掛けをすぐさま理解したこどもたちは、大喜びでタッチ!タッチ!!

 

 

体験するアート②『奏でる球体』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発光する球体を科学者達がおごそかに運んでくると…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色とりどりに光るボールをみんなでトス!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

球体の中には、あの「ぴちょんくん」も!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エンディング…きらめく紙吹雪が舞う!!

 

おすすめポイント

参加者の自由度が高く、縛りから解放された時間を過ごす体験ができる!

参加して素晴らしいと思ったのは
「ボールが来たら触ってください」
「光にタッチしてください」
等の指示が一切無く、ボールに触ってみたいから触る、光に触れてみたいからタッチする、そんな自由が保証されていたこと。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

思わず触ってみたくなっちゃう!

 

普段の生活の中では”じっと座っていなければならない””静かにしなければならない”そんな縛りがたくさん。社会生活をする上では仕方の無いことなのですが、それだけでは息が詰まりそう。
特にこどもにとってはストレスもたまりがちに…。

でもこのフェスは、子どもたちに興味のおもむくまま行動させてくれていて、見ていてみんな、心から楽しそうでした。
子どもたちの様子を見て、アートが人を解放してくれることを実感。

じっと座っていることが嫌いなお子さん・習い事等でお疲れ気味のお子さんにおススメです!

 

アートとテクノロジーの融合に、人間の可能性を感じる!

単に「音楽を聴く」「ショーを観る」のでなく、鑑賞者が主役となって「音楽で遊べる」「光で遊べる」ことに新しさを感じました。
テクノロジーが発達したからこそ可能になった新しいアートの形態。
このフェスに参加して「こんなことができるんだ!」「自分も何かやってみたい」と感じた子どももいたんじゃないかな。

そうそう、フェスに流れた楽曲は全てインストゥルメンタルで構成されていましたが、エンディングの曲だけ歌詞がありました。
タイトルは不明ですが「あきらめなければ何でもできる」という内容。
次代を担うこどもたちの「こんなことができたらいいな」を大切にしたい…
そんなメッセージが伝わってきて、とても感動しました。

 

大阪での会期はもうすぐ終わってしまいますが、これからも各地でチームラボのイベントは行われる模様。今後の動きにも注目したいです!

 

 

【ルートマップ付き】武田尾廃線ハイキングで冒険気分!

トンネル前で

ヘッドライト装着で、いざトンネルに潜入!!

 

2016年11月23日、今話題の「武田尾廃線敷ハイキング」に行ってきました。

実は、ここは旧JR福知山線の廃線の跡地。

ハイキングコースにする為の整備が終わり、この秋一般公開されたのです。

(2016年11月5日〜)

テレビで紹介されたこともあり、祝日のこの日はたくさんの人でにぎわっていました!

 

目次
① 武田尾廃線ハイキングの魅力
② ルートイメージ図
③ 「武田尾駅と生瀬駅、どちらからスタートするのがいい?」

 

 

①武田尾廃線ハイキングの魅力

 

真っ暗なトンネル

プチ冒険気分が味わえるのが、何といっても最大の魅力!

トンネル内

ライトが無いと漆黒の闇。足元も見えません!

コウモリ

トンネル内でコウモリ発見!!!本当に逆さにとまるのね…。

カップラーメン

トンネル内で食べるカップめんは格別!?

 

※追記

トンネルの中は気温が低くなっています。
夏の服装の場合は、体温調節用の上着があると安心でしょう。
(ゴールデンウィークに行かれた方からの情報。)

 

鉄橋

鉄橋

歴史を感じる鉄橋

 

大自然を満喫

緑のトンネル

緑のトンネルの下、枕木が敷かれた道をてくてく。

栗

栗、発見!

柿

道すがら柿もなっています。秋ですね〜。

渓谷

渓谷がすぐ眼下に見えて迫力!

もみじ

燃えるようなイロハモミジ☆(11/23 親水広場)春はお花見も♪

河原

河原でのんびり♪(親水広場)

 

②ルートイメージ図

 

事前にハイキングコースの公式ルートマップをネットで探したのですが、 見つからず…。

どこまで歩けば休憩できる場所があるのか分からなくて、ちょっと苦労しました。

なので、最寄り駅からの所要時間・休憩場所・トイレの位置などがわかるルートイメージ図を作成してみました。

お出かけの際のご参考になれば幸いです♪

 

!注意!

このルートイメージ図は、個人的に情報収集し作成したものです。
これを利用した事によって発生した不利益については責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

(ルートイメージ図の転載は不可。記事へのリンクは出典を明示の上ご自由にどうぞ。)

 

武田尾廃線ハイキングコース 地図 ルートマップ

③武田尾駅・生瀬駅、どちらからスタートするのがいい?

 

武田尾廃線敷ハイキングコースの最寄り駅は、JR武田尾駅とJR生瀬(なまぜ)駅の二つがあるので、「どちらからスタートするのがいいのかな?」と思う方は多いと思います。

混雑していなければ、どちらからスタートでもかまわないのですが、混雑が予想される場合のおすすめコースを個人的に考えてみました。

最寄り駅からの行程も含めた所要時間は、多くの方が2時間半〜とおっしゃっています。

特に、小さなお子さん連れや長時間歩くのに不安のある方はスタート地点の選択がとても大事なのではないかと感じました。

 

①全行程制覇したい方

「生瀬駅→武田尾駅」がおすすめ

理由:

生瀬駅〜コース入り口までの歩道は片側のみ。しかも狭い!
午前中は混雑時は生瀬駅→コース入り口に向かう人の流れでいっぱいになります。
コース→生瀬駅方向に歩くのは困難かと思われますので、生瀬駅スタートをおすすめします。

 

※追記

2017年のゴールデンウィークに訪れた方より情報を頂きました。
14:00頃に生瀬駅からコースに向かわれたそうですが、コース→生瀬駅に向かう人の流れができていたのこと。
(混雑度は低い。)
時間帯によって人の流れは変化するようです。

 

歩道

生瀬駅→コースへの道。(10:00am頃)歩道が片側だけなので、人でいっぱいに!

 

 

②小さな子ども連れ・長時間歩くのに不安のある方

「武田尾駅からスタートし、ほどほどでUターンして武田尾駅に戻る」がおすすめ

 

【生瀬駅からスタートするデメリット】

生瀬駅→コース入り口まで、交通量の多い車道脇の細い歩道を20分くらい歩かねばならない。
また、途中車道を渡る必要があるが、信号が無いのでタイミングを見計らって強引に渡らねばならず危険。

生瀬駅からスタートすると休憩場所が少ないエリアが続くため、混雑時は親水広場まで歩かないと休憩できないことも。(親水広場まで所要時間は約1時間半)

 

武田尾駅からスタートするメリット

武田尾駅〜コース入り口までは徒歩10分程。危険な道も無い。

 

武田尾駅にUターンを勧める理由

コース→生瀬駅までの歩道は片側のみ。しかも狭い!(上の写真参照)
最大の見どころである鉄橋を押さえたら、後はほどほどで引き返すくらいが良さそう。

休憩場所は武田尾駅側に多くあります。
生瀬駅方向に進んだ場合、歩き疲れた頃に座る場所が見当たらないことになるかも…。

 

座る場所

生瀬駅〜長尾第一トンネルまでの座れる場所は、人でいっぱいでした。

子連れ

お子さん連れは、ルート選択を慎重に…。

 

****************

 

実際歩いてみると、生瀬駅からコース入り口までの狭い歩道や、アンバランスな休憩場所の配置に難を感じましたが…。

元々電車が走っていた場所をハイキングコースにしている訳なので、それは仕方の無い事なのでしょう。

上手にポイントを押さえて、楽しい廃線ハイキングになりますように♪

 

トンネルから外へ

 

 

 

 

USJのハリポタエリアに平日行ってみた

平日でも月曜日は込んでいる!

ここからは、魔法界!

 

私達が訪れたのは、2014年10月27日(月)の平日。

こどもの小学校が代休だったので、「休日よりは空いてるんじゃない?」

と思い切って行ってみたのですが、午前中からこの通りの人の波…。

月曜日というのは、平日の中では一番混雑する曜日らしいです。

 

また、前日に公式HPでこの日の開門予定時刻をチェックしたら9時となっていましたが、

8時過ぎに着いたら、すでにオープン済み。

7時30分にゲートを開けたんですって!

そんな訳で、公式 HPの開門情報は当てにならないので、できるだけ早めに家を出ましょう。

 

” ほうきのアトラクション ” は、子連れにハードル高し!

このホグワーツ城内に”フォービドゥン・ジャーニー”が!

 

まずは、お目当ての

”ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー”

通称「ほうきのアトラクション」に並ぶ事に。

私達が並び始めたのが8:30AM。

待ち時間表示は1時間とありましたが、実際は30分くらいで城内に入れました。

(この後、朝9時時点で3時間待ちに…!)

乗る予定があるなら、朝イチですませるのがよろしいかと。
お城の入り口にはこんな看板が。

クリックして拡大

 

『激しいアクロバット飛行を疑似体験するアトラクションです。

急な加速・停止・横揺れ・上昇・降下を伴います。』

なので、乗り物酔いしやすい人や妊婦はNG…。

身長122cm以上ということもあり、子連れで挑むには結構ハードルが高い!

ただ、ライドに乗れない人でも、ホグワーツ城内を見て楽しめる

『ホグワーツ キャッスルウォーク』

というのがあるそうで、話題の”動く肖像画”や、組み分け帽子を見る事は出来るようです。

 

息子は身長はクリアしていましたが、かなり乗り物酔いしやすい体質

「どうする?」と聞くと、「がんばる…。」と答えたので、決死の覚悟で(?)乗車!

結果は…息子は降りた時にかなり足下がふらついていたものの、なんとかセーフ♪

私はというと、映画の世界の中に入り込んだような興奮で、ワクワクしっぱなしでした!

色々クリアできる方は、長時間並んででもトライする価値有りです☆

ひつじのショーン ファミリーファーム にいってきた②

ひつじのショーンパークでいっぱいあそぼう!

ひつじのショーンパーク

(ファミリーパーク内のキッズエリア)には、牧草を思わせるフカフカのじゅうたんが敷きつめられ、こどもたちは裸足で思いきり体を動かす事が出来ます!

人ごみに疲れたこどもを、発散させる絶好のチャンス

ここではほんの一部をご紹介。

こどもサイズの迷路は秘密基地みたい♪

おとなも入ってみた。ちょっと楽しい♪

 

大きなすべり台ですが、柔らかい素材で出来ているので小さな子でも安心♪

 

ひつじのお風呂のシーン

物語の中でしばしば登場する、ひつじ用の大きなお風呂。

泡の中でエンジョイしながらのバスタイムが印象的。

そんなお風呂をイメージしたボールプール。

こどもたちも、なかなか出ようとしません(笑)

下の穴にボールを入れると上の穴からボールが出てくるしかけに気付き、夢中でボールを入れるこどもたち。

 

何かが聞こえます

 

身長90cm以下のお子様専用ゾーン

ビッツァ(牧羊犬)のおうちに登る

人ごみに疲れるのはこどもだけではありません。

座れる場所がたくさんあるので、こどもを見守りつつまったりとする大人も多数(笑)。

パパ達もひとやすみ

 

ワークショップ

ねんどでショーンを作れるワークショップもあるそうです。

時間が合わずできなかったけど、作りたかったな〜。

公式HPにはイベントスケジュールについての詳細情報が載っていません

(2015.11.23現在)。

現地に到着したら、まず受付付近にあるイベントスケジュールをチェックしておきましょう。

イベントスケジュール(2015.11.22)

 

ひつじのショーンファンのみならず、小さなこどもが安心して遊べて、大人も靴を脱いでくつろげるエリアとしても人気が出そうだと思いました。

(ただし、こどもから目を離さないでね!)

EXPO CITYに小さいこどもと行った際におすすめです♪

オープン記念でもらえたサンバイザー

 

● ひつじのショーンキッズエリア入場までの流れはこちら 

● EXPO CITY 休日の混雑状況レポートはこちら

USJのハリポタエリアに、ハリーのコスプレで行くといいことが…☆

 

オープン以来大人気の

”ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター”!!

こどもにハリーポッターのコスプレをさせて行ってきました。

すると、思いもよらない楽しい出来事が…

 

ハリーのコスプレで行くと、何かが起こる…?

 

ハリーは特別★

 

ライドにひと通り乗って、お昼を食べようと入ったレストラン”3本の箒”での出来事。

 

この上の階段、ひょっとして動くのかな…?

 

【レジで…】

注文していると、ふいにレジの方から

今日は、魔法学校はこれからですか?」

と尋ねられたのです。

「は?」と一瞬、親子でフリーズしてしまったのですが…

「あ、そうか。コスプレしてるから、ハリーとして話しかけられてるのね!」

と気付き、

「そうなんです〜。今日ちょっと遅刻しちゃったので、空飛ぶ車で送ってきたんですよ!」

と、ハリーの母として応対。

 

さらに息子に

「魔法学校の教科では、何が好きですか?」

と質問を重ねてきました。

なんて答えるかな…と息子を見ていると

「え〜と…体育です。」

(ここは”変身術”とか”飛行術”とかでしょ!)

「そうですか、ほうきの飛び方を教わっているんですよね〜。」

なんていう、アドリブの効いた会話をしてくれました♪

 

食事中に…

さらに、ショップで買った猫の”ミセスノリス”のぬいぐるみをテーブルの上に載せて食事をしていると…

つかつかとスタッフの人がやってきて

「魔法学校では、動物をテーブルに載せないように言われてますよね…?」

と、息子に茶目っ気たっぷりのツッコミを!

 

怒られた”ミセスノリス”

 

 

ホグワーツ特急のフォト・オポチュニティで

 

”ホグワーツ特急のフォト・オポチュニティ”

 

この車掌さんといっしょに汽車をバックに写真を撮れるスポット。

しかし、結構な長さの列が…。

なので私達は並ばずに、そのわきで汽車をバックに写真を撮っていたのです。

すると、車掌さんの方から

「オ〜、ハリー!いっしょに写真をとりましょー!」

とやってきたかと思ったら、並んでいる方々を待たせてまで一緒に写真を撮ってくれたんです!

まさに、VIP扱い!!

(なんだか、並んでいる方達に申し訳ないくらいでした。)

 

他にも、エリア外でもすれ違ったスタッフの方から

「ハリー、魔法学校に入学おめでとう!」

と声をかけられるなど、次々とサプライズが!

 

映画の設定そのままの「ハリーは有名人」という粋な演出の数々!

魔法にかけられたように、息子はすっかりハリー気分で楽しんでいました。

ホントにコスプレして行ってよかった♪

 

魔法の望遠鏡…何が見える?

 

ハリーポッターのコスプレでUSJに行くと、素敵な魔法をかけてもらえるかも…♪

 

注:いつでもこのような演出がされるかどうかはわかりません。

いいことあると、いいですね!

 

 

イオンモール 大阪ドームシティの絵本売り場に行ってみた

2013.5/31、ついにオープンした

イオンモール 大阪ドームシティ

 

何かとモノいりな子連れにとって

何でも揃う大型店舗の存在はウレシイ♪

 

近隣のファミリー層にとって、すっかり御用達のお店となっているようですね。

こちらのイオンモール、実ははらだこどもクリニックのご近所でして…。

 

クリニック近隣には、これまで大きい本屋さんがなく

絵本を買うには、梅田やなんばの大型書店・絵本専門店に行くか、あとはネットで買うかでした。

なので、大阪ドームにイオンがオープンすると聞いた時から、

「大型書店が入っていたら、絵本も気軽に買えるようになるなあ」とひそかに期待

 

そこで、先日イオンモールにリサーチを決行したところ

3階に絵本売り場があるのを発見!

 *********** ************************

 

こちらは未来屋書店の入り口。

手前は大人向けの本ですが

奥に入って行くと…。

 

 

 

 

 kids land 

絵本・児童書のエリアが。

ゆったりとしたぜいたくな広さ!

外光も取り入れられて

明るい雰囲気。

 

 

 

親子向かい合わせに座れる

イス&テーブルが

子連れに嬉しい心配りです。

これならゆったり座って

納得いくまで

気に入る絵本が探せそうですね

 

 

 

そして、この本屋さんの一番のおすすめポイントはココ↓

おすすめ年齢別に分けられた本棚です。

膨大な数の絵本を前に、どの本が自分のこどもに合うのかわからず

途方に暮れてしまったことってありませんか?

 

もちろん、理解力は個人差も大きいので、対象年齢にこだわることはないのですが、

子連れで来店した場合、片っ端から一冊ずつ吟味して選ぶ余裕は、なかなか無いですよね〜。

そんな時、こんなふうにおおよその対象年齢が見える化されていれば、

おおいに目安になり、選ぶ時間の短縮になります。

買う側にとって、とても親切な本棚になっている点に一票♪

 

ご近所にできた、絵本コーナーの充実した本屋さん。

AEON MALL 大阪ドームシティに行かれた際は、お買い物ついでにのぞいてみては?

 

マルシェ ド ママン in 弁天町 2013 *後編*

お待たせしました♪

マルシェ ド ママン in 弁天町 2013 後編です。

 

前回はハンドメイドグッズをご紹介しましたが、

広い会場を夢中で歩いているうちに、小腹もへってきたりして…。

なので、ママ達のチャレンジショップで見つけた「おいしいもの」からピックアップ♪

***Sweets, Food,Drink******************

 

廣野菓子商店さん

型抜きクッキーがかわいかったお店。

トミカフリークのムスコのおみやげにお買い上げ。

他に、アンパンマンやキティちゃんもいました。

お味も素朴で、おいしかったです

 

ニコノパンさん

不思議な商品名のパン屋さん。なんでも、曲のタイトルなんだとか。

画像左下の「くちばしにチェリー」

というダークチェリーのタルトを頂きましたが、びっくりするくらいおいしかったです!

こだわりの素材で作られているものは、やっぱり違いますね。

 

カフェサボローゾさん

こちらは、珈琲鑑定士の方が

お客の好みに合わせてコーヒーを淹れてくれるお店。

お買い物の合間のほっと一息には、やっぱり美味しいコーヒーですね♪

 

 

un tout petit peu +e さん

コーヒーを飲みつつ、まわりを改めて見渡していると、きれいなお花が目に入りました。

マルシェの素敵なお花屋さんには、花と相性の良い雑貨も置かれていて

まるでヨーロッパの街角のようなたたずまいでした。

 

 

ママの買い物ばかりでは、こどもがタイクツ!

だから、マルシェには親子で楽しめるブースもたくさん♪

***Work Shop*********************

 

with-MAさん

高槻市のスクラップブッキング教室で講師をされている方のブース。

こどもだって、簡単にできるキットで体験できます。

「やってみたいけど、ぶきっちょだから…」という方も、これなら気軽にトライできそう。

 

ohanaさん

こちらでは、親子で絵本ワークを楽しめます。

ただ塗り絵を楽しむだけじゃなく、色使いなどから、子どもの性格分析や隠れた才能を引き出すワークショップ!

親以外の大人の目から、客観的に子どもを見てもらうと、意外な才能が発見出来るかも?

 

 

毎日がんばるママたちの為に、癒しのブースも…。

***Salons,Beauty********************

 

 Colors Forestさん

見ているだけで癒されそうな、虹色のカラーボトル&カードで、潜在意識を読み解くカラーセラピーのお店。

Kids カラーセラピーなら500円で見てくれるそうで、お子さんと一緒に体験される方も。

慌ただしい毎日の中だからこそ、自分と向き合う時間は必要かもしれないですね…。

 

SOLEILさん 

鶴見区で、女性専用のプライベートエステサロンをされている方のブース。

この日は、デコルテ・背中・首のマッサージが大人気だったそうです。

おんぶ&だっこ&大荷物の毎日で

みんな、疲れてるんですよね…。

 

サロンではなんと、保育士の方による託児付き!

なので、子連れで行っても安心して施術を受けられます。

自分へのご褒美として、たまにはこんなセルフメンテナンスもアリですよね

 

 

マルシェドママンはステージも見逃せません♪ 会場はさらにヒートアップ!

***Stage************************

チアプラチナム★WEST さん

かっこいいチアリーディング!

「大学生かな?」と思って観ていたら、なんと、全員子持ち!なんだそうで。

ママとは思えない引き締まったプロポーション&躍動感溢れるダンスで、観客の熱い視線を集めていました!

 

輝(きらり)さん

こちらは、鶴見区の

ゴスペルグループのみなさん。

育児真っ最中のママを中心に

こどもから大人までの

幅広い年齢層のメンバーが熱唱!

素敵な笑顔が印象的でした。

 

*********************************************** 

まだまだたくさんのお店・ステージがありましたが、あまりの数に、全ては回りきれませんでした。

ここでしか手に入らないグッズや、おいしいスイーツも嬉しかったけれど

なによりも

育児中でも、自分自身の夢をあきらめず頑張る、ママたちのキラキラした姿に触れて

たくさんのパワーをもらえたことが、一番の収穫だった気がします♪

 

「こどもはかわいいけれど、それだけじゃもの足りない…」

「何かやりたいけれど、何をしていいのかわからない」というママ。

いちど、マルシェドママンに足を運んでみては?

ポジティブなママたちに刺激を受けて、何かヒントが得られるかもですよ

 

*次回は2013年9月15日に開催予定とのことです。

詳しくはこちら

 

Scroll Up