「はらぺこおはなし会」フォトギャラリー *part 1*

4月5日に、無事に

「はらぺこおはなし会 〜花見だんごと、絵本〜」を開催する事ができました!

たくさんの親子がにぎやかに集って、終止なごやかに楽しく、またおいしい1時間になりました

今回のブログでは、当日の模様をご紹介します。

絵本に登場するおいしそうなものを食べるという、ちょっと変わった企画に集った方も興味シンシンの様子。

はてさて、どんなおはなし会になったのかな?

 

※参加者の方の同意を得て、画像を公開させて頂いております。

会場となったグランフロント大阪「うめきたシップホール」前で。「もうすぐおはなし会はじまるよ〜!」

 

お天気が心配でしたが、きっと、参加してくださったの皆様の日頃の行いが良いのでしょう。

前日の予報でついていた雨マークがとれて、晴れてくれました♪

 

中は、光の降り注ぐガラス張りのホール!桜だってバッチリ見えます♪

 

おはなし会を始める前に、こどもたちにあるミッションを。

「今日読もうとしていた紙芝居の大事な場面が、なんとネズミさんにかじられてしまったの!

だからみんなで、その絵を一緒に作ろう!」

そうお願いすると、こどもたちは…

 

「は〜い、やります!」みんな、とってもよい子♡

枝に、桜の花を貼ってもらいます。

ぺたぺた…。ちなみに、この時点では何のお話の場面かはヒミツ。

 

一つ目のお話は、梅花女子大学のこども学科のおねえさん達が、とっても楽しく読んでくれました。

 

「ぴょ〜ん」おはなし会で大人気の絵本です。理由は…

思わず一緒に”ぴょ〜ん”って、ジャンプしちゃうから!

次は、きつねのぬいぐるみが登場。「きつねは、人間を化かすことがあるらしいよ〜」

これからきつねが人を化かすお話を読むから、化かされないように、きつねと仲良くなる手遊びをしておこうね

♪こっちからきつねがやってきて〜

落語紙芝居「七どぎつね」

 

きつねには、注意!

 

そして、読み終わった後「きつねは何回だました?」と聞くと「3回だけ!」とのお返事。

…そうなんです。

この紙芝居では、きつねが人間をだますのは

そして、読み終わった後「きつねは何回だました?」と聞くと「3回だけ!たったの3回

「七度だますと言ってたのにね〜。

きつねに、やっぱり化かされちゃったねえ。」

 

ちなみに、本物の落語では、ちゃんと七回だますところまでお話があるものも。

小さい子ども向けにアレンジされた紙芝居とはまた違った面白さがあります。

 

桂文珍師匠の七度狐※なら、お子さんが小学校高学年くらいになると、楽しめるでしょう。

みんな、もうちょっと大きくなったら、聴いてみてね。

※CD「桂文珍 朝日名人会ライブシリーズ 32」に収録。

 

続きは、「はらぺこおはなし会」フォトギャラリー *part 2*にて。

”はらぺこおはなし会”ならではの名シーンがたっぷりです♪

 

 

Scroll Up