まいにちが、おとぎばなし♪

はじめまして。

はらだこどもクリニックの絵本まわり(ブックコーディネート・HP管理)担当の

』と申します。

 

私には、小学生のムスメとムスコがいます。

赤ちゃん時代から始まった、寝る前の絵本の読み聞かせ。

子どもたちが字を読めるようになった今でも、続いています。

それは、わたし自身が、絵本の世界を好きだから…。

 

絵本がなくても、きっと子育てはできるけれど、
絵本がなかったら、いささかモノトーン気味の毎日かもしれません。

 

育児とは、着させて、食べさせて、お風呂に入れて、寝かせて…の果てしないくり返し。

もちろん、こどもの成長自体は大きな喜びです。

 

でも、

『しろくまちゃんのほっとけーき』を読んだ後に

ホットケーキをこどもと一緒に焼くと

私もただのおやつ作りではなくて、

しろくまちゃんごっこをしているように楽しかったり

 

道ばたで、落とし物の手ぶくろを見たら、

ロシア民話の『てぶくろ』みたいに

中に動物が住んでいるかな?と、こどもとのぞきこんだり…。

 

まあ、他愛もない事なのですが

そんな事をしているときは

自分もこども時代に返れたような気がして

そんな経験をさせてくれたこどもに

「ありがとう」と言いたくなる瞬間でした。

 

絵本(ひいては物語)には、
散文的な日々の暮らしにさっと光を差し
「おとぎばなし」の世界に変える不思議な力があるのかもしれない…。

私は、そんな風に感じています。

 

大変な事もたくさんある育児だけど、

絵本の魔法が、たくさんの親子の毎日を楽しく彩っていけたらいいな。

そして、その楽しさをみんなで分かち合えたら…。

 

そんな願いを込めて、

絵本のこと

絵本に彩られた暮らしのことなどを

ここに綴っていきたいと思います。

どうぞ、よろしくおねがいします。

Scroll Up