Daily Archives: 2017年9月5日

秋を感じる絵本

P1014095 (1)

 

9月に入ったとたんに秋の空気に入れ替わったようで…。

ここ大阪では初秋らしいお天気が続いて、とっても爽やかな日々です♪

実りの秋、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど、秋は楽しいことがいっぱいですね。

今、はらだこどもクリニックの待合室の本棚には秋を感じる絵本がにぎやかに並んでいます。

「クリニックを訪れるこども達の秋が、より楽しくなりますように」

そんな思いで本棚のこびとたちがピックアップした絵本をご紹介していきます♪

 

おお

秋を感じる絵本を、本棚のこびとがセレクト♪

 

衝撃のラストシーン…あなたはどう思う?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごんぎつね

作:新美 南吉

絵:黒井 健

出版社:偕成社

 

兵十が病気の母親のためにとったウナギを、いたずら心からついとってしまったキツネのごん。

少しでもつぐなおうと、ごんは兵十の家の軒先に心づくしの贈り物をそっと置いてくるのですが…。

ごんの善意に兵十は気付かず、なんと兵十は、銃でごんを撃ち殺してしまうのです。

この衝撃のラストシーンが心に残っている方も多いことでしょう。

 

「なにも、ごんが死ぬ必要はなかったんじゃない?」

「作者はこの物語で、一体何が言いたかったの?」

 

そんな感想を持つ人も多い、今なお波紋を呼ぶこのラストシーン…。

なんだかとても気になって、新美南吉の人物像を紐解いてみることに。

すると、思いがけない発見があって…思わず別立てで記事にしてしまいました♪

興味のある方はどうぞ↓

『ごんぎつね』衝撃のラストシーンの理由は?

 

どんぐりを見つけたら…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どんぐり

作・絵:こうやすすむ

出版社:福音館書店

 

小さなこどもってどんぐりが大好きですよね。

ころん、とした形の可愛らしさ。ツヤツヤしていて、なんだか美味しそう!

そんなビジュアルに惹かれるのでしょうか。

 

そんな身近などんぐりに隠された秘密がわかる科学絵本です。

どんぐりを食べるリスやネズミ。

でも、食べるだけでなくて、どんぐりの木にちゃんとお礼もしています。

助け、助けられる自然界の営みが、小さなこどもにもわかるように描かれています。

身近などんぐりを通して、こどもの「科学する目」が開くきっかけになりそう。

 

絵とストーリーを手がける作者のこうやすすむさんは、樹木・森林生態の研究者だそうで…。

納得の説得力です!

 

 

お月見に持っていきたい絵本2冊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パパ、お月さまとって!

作:エリック・カール

訳:もり ひさし

出版社:偕成社

 

幼児にとって、月はとても不思議な存在のようです。

近くに見えているのに決して届かない…。

うちの子も、2歳くらいの時にジャンプして月を取ろうとしたことがありましたっけ。

 

このお話のモニカも、夜空に浮かぶ月がどうしても欲しくなり、とうとうパパに

「お月さまとって!」

とムチャなお願いをするのです。

が、このパパ、娘のそんな荒唐無稽な願いを叶えてしまいます!

「絵本でしか出来ない事をやってくれた!」

そんな感のある大胆な展開と、楽しい仕掛けがこどもの心を捉えて離しません。

 

そしてこの絵本、お月見に持って行って読むと最高なのです!

パパが、長いハシゴを持ち出して月を取りに行くというシーンで、本物のお月さまとコラボレーション!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当に月までハシゴが届いたみたいです☆

 

※上記のお月見の様子をこちらに書いています↓

こどもとお月見…準備から楽しんで ♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かぐやひめ

作:舟崎 克彦

絵:金斗鉉

出版社:小学館

 

かぐやひめが月に帰っていったのも十五夜の夜だったとか…。

月明かりの下で読んであげるとよりロマンティックな気持ちになれそう。

これもお月見に持っていくとバッチリはまる絵本です。

 

ご存知のように、かぐやひめの絵本は数多く出版されています。

こういう誰もが知っている昔話の絵本は、絵柄がアニメ調になるか、または個性的すぎてこちらの物語に抱いているイメージから遠すぎるものになるか、というパターンが多いように感じています。

そんな中でもこの作品は、平安調でありながら現代の感覚にもマッチする絵でおすすめです!

 

 

秋空の下のピクニックに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちいさなくも

作・絵:エリック・カール

訳:もり ひさし

出版社:偕成社

 

こどもが雲を見て「おさかなみたい!」「かおにみえる!」

なんて想像をふくらませるのは、世界中どこの国でも同じ。

そんなこどもの伸びやかな空想をそのまま絵本にしたようなとても夢のある作品。

すいこまれそうな青空が見事に表現されていて…。

秋の澄んだ青空の下のピクニックに持っていきたくなる一冊です。

 

 

******************

秋は、読書の秋とも申します♪

クリニックにお越しの際はぜひ、魅力あふれる秋を感じる絵本をお手にとってみてくださいね。

 

300

 

 

Scroll Up