11d0a30b7c85042ce52974a061797fcc_s

春の訪れとともに気温も上昇。

「冬も終わったし、もう子どもの保湿ケアをしなくてもいいかな♪」

と安心してはいませんか?

しかし、意外ですが、春の空気は冬と同じくらいのレベルで乾燥しているのです!

気象庁の年間気象データ(大阪)でも、3〜5月の平均湿度は12月よりも低く、最小湿度に至ってはむしろ冬よりも低いというデータが示されています。

赤ちゃんの皮膚はとても薄くてデリケート。

引き続きお子さんの肌のケアをしていきたいですね。

 

乾燥肌になるメカニズム

そもそも、乾燥肌とはどのようになるのでしょう?

①乾燥により、皮膚の一番外側の表皮のバリア機能が壊れる

②バリア機能の低下により、異物が入り炎症が起こる

③痒くなる

④掻いてしまい、湿疹ができてさらに痒くなる

子供は皮膚が薄いため、こうした状態に陥りやすいのです。

 

こどもは皮脂が少ない

-shared-img-thumb-150705260810_TP_V

また、肌の潤いは皮膚の保湿成分によって保たれているのですが、その構造は

①皮脂

②角質細胞間脂質

③天然保湿因子

で成り立っています。

このうち、子供は①が少ないので乾燥肌になりやすいのです。

そのため、保湿成分を補ってあげることが大切になってきます。

※アトピー性皮膚炎では②や③に異常が見られます。

 

保湿の仕方のポイント

31417f930a15a03af29e698536dec505_s

基本的な保湿の手順は以下の通りです。

①入浴で肌に水分を与えます。

②入浴後すぐに保湿成分を含む保湿剤の塗布します。

③水分の蒸散を防ぐワセリンなどの閉塞剤を塗ります。

 

しかし、こどもの肌の症状は一人一人違っているものです。

「どんな保湿剤を選べばいいの?」

「アトピーなのか、乾燥肌の湿疹なのかわからない。」

こんな疑問をインターネットで調べているうちに、

「どの情報を信じてよいかわからず、かえって混乱してしまった」

という方も多いことでしょう。

 

はらだこどもクリニックでは、

●お子さんの年齢・肌の状態に合った保湿剤を処方。

スキンケアの方法を丁寧にご説明します。

お子さんの肌の悩みも1人で抱えず、お気軽にご相談してくださいね。